便秘でお腹が痛い場合

便秘でお腹が痛い場合

便秘の状態があまりにも長く続くと、お腹が痛くなってしまう事もあるでしょう。実際に、便秘によって腹痛で悩まされている人は多いと言われています。

なぜ便秘によって腹痛が生じるのかと言うと、便秘の状態が長く続くと、腸内に便が詰まった状態になっているからです。便が詰まった状態だと、腸内で発生する有毒なガスが体外に排出される事が難しくなり、内臓を圧迫してしまうと言われています。それによって、お腹が苦しいと感じたり、痛みを生じると言えるのです。

ただ、便秘による腹痛は、これだけが原因とは限りません。実は病気が原因で便秘、腹痛が生じていることもあるのです。また、便秘を改善するために便秘薬を服用している場合、その薬の作用によって腹痛が生じることもあるのです。

便秘が原因による腹痛を改善するには、やはり便秘を解消することがポイントです。なので、あまりにもお腹が痛いのであればお腹をマッサージしたり、医療機関を受診して薬を処方してもらうと良いでしょう。便秘で医療機関に足を運ぶのには恥ずかしさもあるかもしれません。しかし、腹痛を生じた状態だと仕事にも支障をきたすことがありますので、短期間で改善するためには医療機関で処方される薬を利用することが大切です。

先程も簡単に述べましたが、市販の便秘薬というのは便秘が解消される可能性はありますが、腸の動きを衰えさせてしまったり、胃腸を荒れさせてしまう事もありますので危険だと言われているのです。なので、できれば市販薬では無く、医療機関で自分に合った薬を処方してもらいましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする