便秘と胃痛の関係性について

便秘と胃痛の関係性について

実は、便秘と胃痛には大きな関係性があると言われています。胃と腸というのは隣にありますので、影響が出ても不思議では無いでしょう。

たとえば、便秘の状態が長く続いている上に、食べ物を食べた場合、余計に腸がパンパンな状態になってしまう為、腸が圧迫されて胃にも不快感を覚えることがあるのです。そうすると、食欲がなくなってしまったり、ゲップが沢山出るようになるという可能性も考えられます。ゲップというのは、腸の中で発生したガスが胃にまで登ってくることによって起こりますので、便秘によってゲップが出やすい状態になると言えるのです。また、腸内には有毒なガスが詰まっている状態になる為、ゲップもクサイ臭いがするようになり、口臭も気になるようになるのではないでしょうか。

また、便秘と胃痛の原因というのは、関係している場合もあります。どちらも、ストレスが原因となって生じる事が多いのです。ストレスを感じることで胃が痛くなってしまったり、腸の動きが鈍くなってしまって便秘になるという可能性も考えられるため、どちらの症状でも悩んでいるのなら、ストレスを解消することを考えてみて下さい。

やはり、胃痛も便秘も放置すると不快感があるでしょうし、食欲が落ちるなどのトラブルにも繋がるはずです。便秘薬などに頼るという方法もありますが、便秘薬を服用することで胃が荒れてしまって胃痛が生じる事も考えられますので、薬に頼るのはできるだけ避けた方が良いでしょう。どうしても薬を服用するのであれば、医療機関で処方してもらうことをオススメします。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする