便秘のアセスメントについて

便秘のアセスメントについて

看護の際に便秘になってしまった場合、どのような点をチェックすれば良いのか、どのようにして改善する方向に繋げれば良いのか悩んでしまうのではないでしょうか。自分自身が便秘になったことがあれば、まだ分かりやすいかもしれませんが、そうでないのならなかなか難しいかもしれません。

便秘にはいくつかの種類があります。なので、まずはどの種類に当てはまるのかをチェックする必要があります。たとえば、どのような頻度で便が出ているのか、便の状態はどうか確認してみて下さい。たとえば、どの程度の硬さなのか、出血があるのか、色やニオイはどうか、量はどの程度出ているのかなどが挙げられます。大変かもしれませんが、きちんとこの点をチェックすることが、便秘の改善に繋がるのです。

また、便秘だけでなく、その他にも気になる症状があるのではないかとチェックをすることが大切です。もし、嘔吐や吐き気などが生じているのであれば、何か他の原因があるかもしれません。

さらに、便秘を改善するにはどうすれば良いのか把握することも大切です。便秘を改善するには、水分をきちんと摂取することが大切ですし、便通を良くする食材などもありますので、積極的に摂取することがポイントなのです。その点を理解し、看護する上でサポーとしてあげると、自然と便秘が改善される可能性があります。さらに、便秘を改善するために、腹部マッサージをすることも勧められていますので、定期的にお腹を優しくマッサージしてあげましょう。

ただ、場合によっては治療が必要なこともあります。もしなかなか改善されないのなら、病院を受診しましょう。薬と併用することで効果が高まるはずです。ストレスが便秘に繋がることもありますので、ストレスを改善する方法を一緒に見つけてあげることも大切でしょう。このように色々な方法がありますので、頭に入れておくときっと看護する上で役立つでしょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする