便秘の赤ちゃんは母乳でもなるもの?

便秘の赤ちゃんは母乳でもなるもの?

赤ちゃんでも便秘になることがあります。ただ、母乳で育てていると便秘になりづらいと言われていますので、母乳なのに便秘になると不安に思う親御さんもいるでしょう。

ただ、母乳で育てていても便秘をする赤ちゃんもいます。これには本当に個人差がありますし、原因は一つではありませんので、すぐに原因は特定できないかもしれませんが、まず考えられるのが母乳が足りないということでしょう。赤ちゃんは100%母乳から栄養を摂取する事になりますので、母乳の摂取量が多ければ、その分ウンチにもなりやすいのです。しかし、母乳の摂取量が少ないとウンチは出にくくなってしまいます。

ミルクの場合は、どのくらい飲んだか分かりやすいというメリットがありますが、母乳の場合は目に見えるわけではありませんので判断しづらいはずです。そうすると、母乳が足りているのかどうか自分では分かりづらく、便秘になったとしてもすぐに原因が特定できづらいという特徴があります。もしそれが気になるのなら、母乳を飲む前に赤ちゃんの体重を測り、母乳を飲んだ後にもう一度計測してどのくらい飲んだか把握するという方法を試してみると良いでしょう。それから、検診の時に体重の増加は正常なのかどうかチェックしてみて下さい。

中には赤ちゃんの体質によって便秘になりやすいという可能性もあります。その場合は、お腹を優しくマッサージして、ウンチを出やすくしてあげることも効果的です。最近はベビーマッサージ、オイルマッサージなどの人気も高まっていますので、試してみて下さい。

赤ちゃんが便秘か否か知るには、ウンチの回数だけで判断はできません。ウンチをする時に顔を真っ赤にして辛そうにしているか、血が混ざっているか、コロコロウンチか…などの判断方法がありますので、まずは赤ちゃんの状態をきちんと確認してみましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする