ビフィズス菌SP株で便秘対策

ビフィズス菌SP株で便秘対策

便秘対策に効果があるとして注目されているモノの1つに、ビフィズス菌SP株があげられます。
ビフィズス菌SP株というのは乳酸菌の1種で、正式名称を「SBT2928株」と言います。
ビフィズス菌SP株には、生きたままの状態で大腸まで届いて、腸内環境を整えるといった効果が認められています。
ビフィズス菌SP株を含む製品としては、雪印メグミルク株式会社から発売されている、「メグミルク恵」が代表的となります。
メグミルク恵は、ヒト由来の乳酸菌であるカゼリ菌SP株とビフィズス菌SP株の、2種類の乳酸菌を配合したヨーグルトとなっています。
カゼリ菌SP株には小腸に留まって活動するといった性質があり、ビフィズス菌SP株には大腸に留まって活動するといった性質があります。
メグミルク恵には、2つの腸に同時に働く乳酸菌が配合されているため、便秘対策にも効果は高くなっていると言えるでしょう。
中でもビフィズス菌SP株には、大腸内において善玉菌の割合を増やして、悪玉菌を排除するといった働きがあります。
また小腸で吸収しきれなかった水分やミネラルをスムーズに吸収し、便を作ることを促進します。
そしてその結果腸内環境が整えられ、便秘を改善したり、便秘になりにくい状態が作られることとなります。
メグミルク恵シリーズには、ビフィズス菌SP株のみを配合した「ビフィズス菌カプセル」ヨーグルトも、販売がされています。
味もプレーンのほかフルーツ味が販売されているため、ヨーグルトの酸味が苦手という人でも、食べやすくなっています。
メグミルク恵はスーパーやコンビニなどで幅広く販売されているため、便秘対策には手軽に取り入れることができるアイテムだと言えるでしょう。
カロリーが気になる人には、脂肪ゼロタイプも販売されています。
またビフィズス菌SP株は便秘の予防や解消に効果的なほか、免疫力を高めて、病原性大腸菌への感染リスクを低減させるといった効果なども認められています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする