カゼリ菌SP株で便秘対策

カゼリ菌SP株で便秘対策

便秘の予防に大切なことは、胃・小腸・大腸などの消化器官を脳が正しくコントロールできることと、消化器官自体が有効に動作することです。
消化器官は自律神経である副交感神経の動きにより活発になります。
そのため、精神的に穏やかな状態を保つことが必要です。
心身共にリラックスした時間を過ごす生活習慣をつけましょう。
一方、消化器官である腸を正常に動かすためには、腸内の環境を整え、有害物質の分解・排泄をおこなう腸内細菌叢のバランスを保つことが大事です。
そのためには乳酸菌を多く含む食物を積極的に摂ることと、日々の食事に乳酸菌の好物である糖質・オリゴ糖・食物繊維などを取り入れることが必要になります。
乳酸菌は、糖類を栄養にして増えていき、乳酸発酵を行い、乳酸や酢酸をつくります。
腸内を酸性にキープして小腸での栄養分の消化吸収や大腸での水分吸収を活発にし、腸のぜんどう運動を高めて便秘を予防します。
最近、整腸作用をもつ乳酸菌として、細菌ガセリ菌SP株が注目されています。
ガセリ菌SP株は雪印メグミルクが培養した乳酸菌で、2001年に世界で初めて科学的に「食べた後、人の腸に生きたまま長くとどまる善玉菌」として証明されました。
ある実験では、摂取してから90日経ってもガセリ菌が存在している結果が見られました。
またガセリ菌は日本で生まれ、日本人のおなかから検出率が高いので、安心して取り入れることができます。
この菌のうれしいところは、胃酸や胆汁酸に強いので生きたまま腸内に届き、さらに長期間とどまり、有害物質をつくる悪玉菌が繁殖するのを抑えてくれることです。
生活習慣としてガセリ菌SP株を摂取すれば、安定的に腸内の環境を有益な状態に保つことができます。
乳酸菌としてすでにおなじみのビフィズス菌は大腸に、そしてこのガセリ菌は主に小腸で存在しているので、このふたつの乳酸菌とその栄養物のオリゴ糖を一緒に含んだヨーグルトなどの食品を食べつづけることが、腸を正常に動かし便秘を予防する一番お手軽な方法かもしれません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする