しょうがや酢を納豆に加えて便秘対策

しょうがや酢を納豆に加えて便秘対策

便秘解消に役立つという食材はたくさんあります。
ひとつも物を同じように食べ続けるのではなく、いくつかのものを組み合わせたり、食べやすく工夫をすることで、毎日続けることもできます。
便秘解消には発酵食品がよいと言われていますが、私たち日本人にとって伝統的な食品であり、価格が安く身近なものに納豆があります。
納豆には便秘解消のために腸内環境を整えてくれる要素がいくつもあります。
納豆には納豆菌が含まれていますが、この納豆菌が分裂するときに生み出されるナットウキナーゼという酵素が有効なのです。
納豆菌は胃で溶かされることなく生きたまま大腸に到達することができます。
そして腸内の善玉菌である乳酸菌の働きを助けて腸内環境を整える効果がありことで便通をよくします。
また、便秘解消のためになくてはならない食物繊維が豊富に含まれている食品でもあります。
納豆に含まれている食物繊維は水溶性と不溶性の両方があります。
水溶性食物繊維は、水に溶けることで大腸のなかをスムーズに通り抜けていくことができます。
一方不溶性食物繊維は、固形のまま大腸に到達して便を増やす効果があります。
このように、納豆を単独で食べることでも充分な効果が期待できるものですが、味や臭いにクセがあるので苦手だという方も多いかもしれません。
また、毎日ただ納豆をそのまま食べるだけでは飽きてしまいます。
そこで、他の食材を混ぜて食べやすくしたり、飽きがこないように工夫すると、より楽しく食事をしながら便秘解消をすることができます。
例えば、きざみしょうがを混ぜてみると、しょうがのかおりが納豆の臭みを消してくれる効果もあり、またいつもとは違った味わいを楽しむことができます。
しょうがにも食物繊維が豊富に含まれていて、また身体を温める効果もあり、便秘の原因の冷えを防ぐことができます。
また、酢を加えると納豆がふんわりとして、味もさっぱりとした感じになります。
納豆が苦手な人もこれなら食べられるかも知れません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする