森永ビフィダスで便秘対策

森永ビフィダスで便秘対策

便秘は、単に便が出ない、便が硬い、ということだけが症状として捉えられますが、その原因についてはあまり知られることがありません。
したがって、便秘になり、その解消法を選ぶ場合、なんとなく便秘解消に良いであろうと思われる食物、例えばヨーグルトや食物繊維の多い野菜などの摂取や、規則正しい食事、適度な運動といった辺りを実践することと思います。
しかし、本当の便秘の原因をしっかりと理解すれば、適切な便秘解消方法を選択できるわけです。
便秘になると、頭痛が生じたり、肌荒れが酷くなったり、体調が良くないといった症状が、それも結構長い期間続くことが多くあります。
便とは、身体の老廃物ですから、その老廃物が体内から排出されにくい、ということは老廃物が長い間体内に存在することになります。
当然、身体に悪いものが、身体に滞在するわけですから、腸内腐敗が進み、身体に悪いものが増加し、結果、身体の表面にいろいろな悪い症状として現れるのです。
腸内には、数千種類の菌が存在しています。
そして、その菌には、善玉菌と悪玉菌というものに分けられており、これらがバランスよく存在することで健康な腸になり、便通も良くなります。
しかし、悪玉菌が善玉菌より増えてしまうと、腸内に残っている便の腐敗が進んでしまい、ガスが発生し、便通が悪くなるという分けです。
悪玉菌が増える原因としては、善玉菌の減少です。
乳酸菌やビフィズス菌と言われる善玉菌は、大腸菌といった悪玉菌の増加を抑える働きをしています。
乳酸菌やビフィズス菌は年齢が進むと減少してきます。
そこで、ヨーグルトなどにより、これらビフィズス菌を摂取するのですが、実は、ビフィズス菌はそのままでは腸に届く前の胃で、胃酸によってほとんどが死滅してしまいます。
森永乳業のビフィダスというヨーグルト製品シリーズに関連して「ビヒダスBB536」という製品がありますが、これはビフィズス菌を生きたまま腸まで運ぶ栄養補助食品です。
ビフィズス菌BB536という菌は、動物の腸内に住んでいるものではなく、健康な乳児から発見された人間の腸内に住むものです。
一般的なものよりも、酸や酸素に強い耐性を持ち、生きたまま腸に届き善玉菌となります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする