グリコ朝食プロバイオティクスヨーグルトで便秘対策

グリコ朝食プロバイオティクスヨーグルトで便秘対策

便秘は、お腹のはりを感じたり、ときには頭痛や吐き気をもよおしたりしてしまい、なんとか解消したいと悩んでいる人が多い症状のひとつといえますね。
こうした不快な便秘に対して、腸内の環境を整えることにより、改善を目指そうというものが、グリコ朝食プロバイオティクスヨーグルトです。
便秘の症状には、いくつかの種類がありますが、そのなかのひとつに、生活習慣や食生活が原因となる「習慣性便秘」があります。
習慣性便秘はさらに、便が直腸まで運ばれているにもかかわらず、大脳にその刺激が伝わらないためにおこる「直腸性便秘」、主にストレスや疲れが原因でおこる「けいれん性便秘」、女性や高齢者に多く見られる、便意があるのにお腹がはってしまう「弛緩性便秘」の3つに分けられます。
これら3つの便秘に共通する原因として考えられるのが、腸内細菌のバランスの乱れで、気持ちのよいお通じは、腸内の細菌と深くかかわっているということができます。
グリコ朝食プロバイオティクスヨーグルトは、腸内で有用な働きをする善玉菌の代表であるビフィズス菌を、おなかのなかで増やすことによって、腸内細菌のバランスの乱れを防ごうというものです。
このグリコ朝食プロバイオティクスヨーグルトの特徴は、一般の多くのヨーグルトが乳酸菌で作られているのに対し、腸内善玉菌のビフィズ菌を含んでいるこということです。
どのヨーグルトでも同じだと考えられがちですが、ビフィズス菌はすべてのヨーグルトに含まれているわけではないのです。
もうひとつは、そのビフィズス菌が生きたまま腸まで届き、おなかのなかで増えていくということです。
ビフィズス菌は本来胃酸に弱いのですが、グリコが独自に開発したビフィズス菌BifiX(ビフィックス)は、胃酸に強く、生きたまま腸まで届きます。
また寒天を使った固めの食感や、ほのかな甘さが食べやすく、風味や用量などの商品ラインナップも豊富で、毎日の習慣として続けやすくなっています。
ただし、便秘の解消には、ヨーグルトの摂取だけでなく、規則正しい食事や十分な睡眠、適度な運動など日常生活の改善も併せて行っていくようにしましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする