ストレブトコッカス・サーモフィラスで便秘対策

ストレブトコッカス・サーモフィラスで便秘対策

便秘対策に効果的とされるストレブトコッカス・サーモフィラスとは、一般的にはサーモフィルス菌と呼ばれる、乳酸菌の1種となります。
ストレブトコッカスは乳酸菌における菌属名で、サーモフィラスは菌種名となります。
ストレブトコッカス・サーモフィラスはヨーグルトに欠かせない菌の1つとなっており、おもにブルガリア菌と呼ばれるラクトバチルス・ブルガリカスと、一緒に配合されるのが一般的となっています。
ストレブトコッカス・サーモフィラスとラクトバチルス・ブルガリカスには、どちらにも互いに、互いの活動に貢献するといった性質があります。
ストレブトコッカス・サーモフィラスには、ラクトバチルス・ブルガリカスの増殖に欠かせない蟻酸(ぎさん)を産生するといった働きがあり、ラクトバチルス・ブルガリカスには、ストレブトコッカス・サーモフィラスの増殖に役立つアミノ酸などを生産するといった働きがあります。
そのためこの2種類の菌は、セットでヨーグルトに使用されるというのが一般的となっています。
この2種類の菌が腸内で協力し合うことによって、結果的に善玉菌の割合が増えて、悪玉菌が減少することとなります。
そして腸内環境が整うことによって、便秘対策効果を得ることができるということになります。
ヨーグルトと聞くと、すべてにビフィズス菌が配合されていると思われがちですが、実際にはビフィズス菌を含んでいる製品というのは、一部のヨーグルトのみとなっています。
多くはストレブトコッカス・サーモフィラスとラクトバチルス・ブルガリカスの配合によって、作られているというものがほとんどとなっています。
ビフィズス菌も広い目で見れば乳酸菌の1種ではありますが、その特性には他の乳酸菌と比べて違いがあるため、分けて見られる場合が多くなっています。
便秘対策にヨーグルトを活用する際には、乳酸菌とビフィズス菌の違いを理解した上で、自分に合った食べやすいものを選ぶということが勧められます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする