ヨーグルトはいろいろな菌を試して

ヨーグルトはいろいろな菌を試して

人間の腸は大変重要な臓器であり、「第2の脳」とも言われています。
その腸内には、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌がいます。
悪玉菌を抑えるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、年齢とともに減少していきます。
善玉菌が減少することによって悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化して有毒ガスや有害物質が発生するため、腸の活動が低下して便秘や下痢につながります。
便秘や下痢が続くと、肌が荒れたり、吹き出物ができやすくなります。
さらに、免疫力も低下してしまうため、風邪も引きやすくなります。
健康的な腸内環境を保つためには、日頃からビフィズス菌などの善玉菌を摂取し、腸内細菌のバランスを整えることが大切であるのです。
しかしながら、私たちが口から摂取するビフィズス菌や乳酸菌のほとんどは、胃酸によって死滅してしまいます。
乳酸菌の力を利用するには、乳酸菌を生きたまま腸に届ける必要があるのです。
そこで、現在は、胃酸にも溶けない、強い耐性を持ったビフィズス菌や乳酸菌を含んで、おいしく手軽に取れるヨーグルト製品がどんどん開発されるようになってきました。
ヨーグルトに使用されているビフィズス菌や乳酸菌はメーカーにより様々で、その効果も乳酸菌の種類によって違います。
善玉菌と悪玉菌のバランスを取り、整腸作用があるのは勿論、花粉症などのアレルギー症状を緩和するもの、ピロリ菌を抑制するもの、風やインフルエンザを防ぐ効果のあるものなどがあります。
自分の体の症状にあわせたヨーグルトを選ぶといいでしょう。
ただし、ヨーグルトは薬ではありませんので、継続して食べることが必要です。
継続して食べるには、やはり、おいしいことが一番です。
最近のヨーグルトは、様々なフルーツと組み合わされていて、とてもおいしく食べることができます。
自分の好みに合った、おいしいヨーグルトを見つけたいものです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする