便秘には動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌?

便秘には動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌?

便秘で悩んでいる人は、少なくありません。
特に、女性は男性に比べて腹筋が弱いことなどから、便秘の悩みを抱えやすいという傾向にあります。
便秘が慢性化してしまうと、下腹がポッコリと膨らんだり、体中に毒素が回ることによって肌が荒れてくるほか、なんとなく気分が晴れないなどといったように、さまざまな不快な症状を引き起こしてしまいます。
女性にとっては、美容にも関るので、深刻な問題となります。
便秘には、先天性、あるいは後天性の何らかの物理的な障害が消化管にあるために起こる「器質性便秘」と、食生活や生活習慣の乱れ、あるいはストレスから、排便機能に障害が起こる「機能性便秘」があります。
「器質性便秘」は、医師による治療などが必要ですが、「機能性便秘」は食物繊維を多く摂取するなどの食生活の見直しや、運動を心がけることなどで、かなり改善されます。
近年は特に、乳酸菌の力が注目されています。
乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やすことから便秘の改善につながると考えられています。
では、乳酸菌なら、なんでも効果があるのでしょうか。
まず、乳酸菌は、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2つに大別されます。
動物性乳酸菌はヨーグルトやチーズの中に含まれています。
ただし、動物性乳酸菌は胃酸ですぐに死滅してしまうため、残念ながら腸までとどくことはほとんどありません。
そのため、ヨーグルトやチーズをたくさん食べても、便秘の解消に繋がらない場合もあるようです。
ただし、最近は、腸まで届くといわれている様々な乳酸菌がヨーグルトにも使用されているので、いろいろと試してみるのもいいかもしれません。
一方、植物性乳酸菌はお味噌や漬物、醤油などの発酵食品に多く含まれています。
こちらは、胃の中でもほとんど死滅することなく、腸まで届くことができるので、腸内で善玉菌として働くことができるのです。
ですから、便秘解消のためには、日頃から植物性乳酸菌を積極的に取るといいでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする