しば漬けで便秘対策

しば漬けで便秘対策

便秘対策には、まずは腸内環境を整えるということが大切となります。
腸内環境を整えるためには、意識して食物繊維や乳酸菌を摂取するということが、欠かせないと言えるでしょう。
食物繊維についてはさまざまな野菜やフルーツといった食物から摂取することができますが、乳酸菌については、ヨーグルトやサプリメントなどから摂取するというのが一般的となります。
しかしヨーグルトが苦手でサプリメントにも抵抗があるという場合には、食事から摂取するということも可能となっています。
食事でもとりわけ和食の付け合せとして定番となる漬け物や納豆といった発酵食品には、便秘改善にも効果が高い植物性乳酸菌が豊富に含まれています。
植物性乳酸菌は動物性乳酸菌と比べても酸やアルカリに強いといった性質があり、胃や小腸などで死滅することなく、大腸まで届くといった特徴があります。
漬け物の中でもとくにしば漬けには、非常に多くの植物性乳酸菌が含まれているとされています。
しば漬けは、茄子と刻んだ赤しその葉を一緒に塩漬けにした、京都を代表する伝統的な漬け物の1つとなります。
赤紫色をしているのが特徴で、酸味が強い独特の味わいに人気があります。
しば漬けは京都以外でも市販がされており、中でもフジッコから発売されているものは、テレビCMなどでもお馴染みとなっています。
全国各地のスーパーなどで、購入することができるため、誰でも手軽に便秘対策に取り入れることができるでしょう。
またしば漬けは、自分で自宅で漬けるということもできます。
漬け方については、インターネットなどでも紹介がされているため、参考にすると良いでしょう。
しば漬けの他にも和食では、調味料として使用される味噌や醤油、そして日本酒などにも、植物性乳酸菌が多く含まれています。
つまり毎日の食事を3食すべて和食にすることが、便秘改善にもっとも効果的ということが言えます。
近年便秘の人が増える傾向にあるのは、日本人の食の欧米化が関わっているとも言われています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする