ブルガリア菌で便秘対策

ブルガリア菌で便秘対策

便秘対策にヨーグルトが効果的なことは有名です。
発酵食品であるヨーグルトには乳酸菌が含まれていて、この乳酸菌の働きで腸内環境を整え、便秘を改善することができるのです。
人間の腸には乳酸菌をはじめとして様々な腸内細菌が100兆も住むといわれています。
その中には身体に悪い影響を与える悪玉菌もあり、悪玉菌が増えると腸内環境は悪くなり、便秘をはじめ様々な不調が現れてきます。
逆に善玉菌は身体に良い影響を与え、善玉菌が増えると腸内環境が良くなり様々な健康効果が得られるようになります。
その中でも乳酸菌は乳糖などを栄養源に乳酸を作る細菌の総称で、この酸が腸を刺激することによって腸の動きが活発になり便秘を改善します。
この乳酸菌の中の一つに、ブルガリア菌があります。
ブルガリア菌は1905年にブルガリア人の医学者が、伝統的なブルガリアヨーグルトの乳酸菌を分離して発見した菌種の1つです。
その後の研究で、ブルガリア菌は主にヨーグルトの風味に関係することがわかり、現在でもほとんどのヨーグルトにこのブルガリア菌が使用されています。
また、ヨーグルトは牛乳に種菌を加えることで作られますが、ブルガリア菌はこの種菌としてヨーグルト作りには必要不可欠な成分となっています。
ヨーグルトを作る際にブルガリア菌と一緒に必ず使われるのがサーモフィラス菌です。
この2つの菌を一緒に混ぜると互いに助け合って増殖し、たくさんの乳酸を作りだすことができます。
このブルガリア菌やサーモフィラス菌は、胃酸などの影響で腸に届く前に死んでしまうこともありますが、死んでしまった菌でも他の乳酸菌のエサとなって増殖を促す効果があります。
またブルガリア菌は、ビフィズス菌等と違い腸内に住みつくことはできません。
しかし、ブルガリア菌が作り出した乳酸が腸内を酸性に保ち、酸に弱い悪玉菌を減らすことで腸内環境を整える効果があります。
腸内環境が整って腸のぜん動運動が活発になれば、便秘を改善する効果も期待できるのです。
そのため、ブルガリア菌を種菌に作られるヨーグルトは、便秘対策に効果的と言えます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする