プロバイオティクス食品に用いられる細菌の種類

プロバイオティクス食品に用いられる細菌の種類

人間の腸の中には、100兆個もの微生物が住んでいます。
ですが体調を崩したとき、偏った食生活をしているときには悪玉菌が増殖してしまいます。
そうして微生物のバランスが崩れると便秘や下痢のほか、様々な病気を引き起こします。
そうならない為にプロバイオティクスの摂取が必要になるのです。
プロバイオティクスとは腸内環境を整えてくれる微生物です。
または、それを含んだ食品・食材を指します。
プロバイオティクスの特徴は、体内の消化器官で分解されることなく腸まで届くことです。
そして、比較的安価で売られているので一般家庭で手に入りやすいです。
代表的なプロバイオティクスは、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌です。
乳酸菌に分類される菌はビフィズス菌、ブルガリア菌、LG21菌、カルピス菌、ガセリ菌など数多くあります。
体に与える効能はそれぞれ違いますが、主に整腸作用、抗ガン作用、コレステロール低下、便秘の解消があります。
また、花粉症などのアレルギー症状を抑える効果も期待できると話題になりました。
乳酸菌の中には去年テレビで取り上げられた、R-1乳酸菌も含まれます。
R-1乳酸菌は、免疫力を高め風邪をひきにくくする効果があります。
ぬか漬けやキムチには植物性乳酸菌が含まれます。
植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べ、腸内で10倍長く生きることができます。
プロバイオティクスは乳酸菌の他にも納豆菌、酢酸菌、酵母菌、糖化菌があります。
酢酸菌の一種であるアセトバクター・キシリナムはナタデココに使われます。
ナタデココは低カロリーで食物繊維が豊富に含まれるため、特に若い女性に人気です。
酵母菌は糖分を分解して炭酸ガスとアルコールを生成するので、パンやビールに使われています。
最近は便秘の解消やダイエットにも効果的と人気を集めています。
上記にあげた微生物は腸内に届いても長く生きられないものもあります。
健康維持のためには、これらの食材を毎日摂取することが望ましいです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする