便秘とプロバイオティクスの関係

便秘とプロバイオティクスの関係

健康と腸内環境は深く関わっています。
それは、腸内細菌が免疫機能を含めた体の調節機能に大きく影響しているという意味です。
言い換えると、腸内環境を整えることで健康になるということになります。
腸には、100兆個もの最近が棲みついています。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる腸内細菌がいるのです。
健康な時は善玉菌と悪玉菌がある一定の比率でバランスのとれた状態にありますが、便秘や下痢などで不調な時は、病原菌や腐敗菌などの悪玉菌が増殖してビフィズス菌や乳酸菌が減った状態となります。
そこで頼りになるのがプロバイオティクスです。
善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整えて腸の状態を改善してくれます。
ちなみに、日和見菌は善玉菌と悪玉菌の勢力の強いほうに味方するという性質を持っています。
ですから、プロバイオティクスで善玉菌が優勢になるようにしておくことで、日和見菌は善玉菌の味方にすることができます。
プロバイオティクスには乳酸菌、植物性乳酸菌、納豆菌、糖化菌、酪酸菌などといった種類があります。
そして、プロバイオティクスは口から摂取して生きたまま大腸まで到達し、増殖することのできる細菌に限られています。
最近では、プロバイオティクスを含む食品やサプリメントなどが多く流通していて、比較的気軽に利用しやすくなっています。
特にヨーグルトは、身近な食品でありおすすめです。
しかしながら、ヨーグルトに含まれるプロバイオティクスは長い時間腸にとどまることはできないため、こまめに食べることがポイントとなります。
便秘の原因は、ストレスだったり欧米化した食生活だったりとさまざまです。
原因はいろいろであっても、腸内細菌のバランスが崩れた状態にあるわけであり、改善する必要があります。
便秘であるということは免疫機能や健康状態がベストではないことを意味しますので、プロバイオティクスを積極的に摂って腸内環境を改善し、便秘を解消させましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする