LGG菌で便秘対策

LGG菌で便秘対策

便秘対策には乳酸菌が効果的とされていますが、中でもLGG菌と呼ばれる乳酸菌は酸などに対する耐性が強く、摂取することによって便秘改善にも高い効果を得ることができるとされています。
乳酸菌にはビフィズス菌やカゼイ菌などといったさまざまな種類がありますが、LGG菌にはその中でも非常に優れた耐酸性、耐胆汁性があるとされています。
お腹の中に入っても、胃や小腸などで死滅するということがなく、大腸まで生きたままの状態で届くことができます。
またLGG菌には腸内で腸管に付着しやすいといった性質もあり、腸内に長く留まることができるというのも特徴となります。
その理由としては、LGG菌の表面が、小さな繊毛で覆われているからということが考えられています。
現在のところ腸管に付着することができる乳酸菌は、LGG菌だけと考えられており、摂取することによって、便秘を改善するための高い整腸作用を期待することができるとされています。
またLGG菌には便秘改善に関する効果以外にも、アレルギーを改善する効果なども期待がされています。
LGG菌には高い抗アレルギー作用が認められており、花粉症やその他のアレルギー疾患の改善にも、効果があるとされています。
実験でも、LGG菌を摂取し続けた妊婦から生まれた赤ちゃんのアトピー発症率は、LGG菌を摂取しなかった妊婦から生まれた赤ちゃんよりも、低いといった結果が出ています。
LGG菌には他にも、脂肪の合成を抑制して肥満を防いだり、免疫力を強化するなどといった効果が認められています。
LGG菌は乳酸菌の中でも、非常に万能な菌であるということが言えるでしょう。
LGG菌を手軽に摂取する方法としては、LGG菌を配合する、ヨーグルトやサプリメントなどを利用するのがおすすめです。
LGG菌が配合されたヨーグルトとしては、タカナシ乳業から発売されている「おなかへGG!」が代表的となっています。
スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで購入することができます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする