LG21乳酸菌で便秘対策

LG21乳酸菌で便秘対策

人間の体内には、細菌がたくさんいます。
その中には役に立つもの、そうでないものもありますが、乳酸菌は善玉菌です。
乳酸菌は乳糖やブドウ糖を栄養として増殖するものであり、増殖するときには乳酸を作ります。
たくさんの種類があるのですが、その中の「LG21乳酸菌」というものが注目されています。
LG21乳酸菌には胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃ガンを引き起こす因子のひとつであるとされているピロリ菌の活動を抑制する効果があるのです。
乳酸菌の摂取効果としては、整腸作用が挙げられます。
乳酸菌が増殖する際に作り出す乳酸が腸内を酸性に変え、悪玉菌が増えない腸内環境をつくるのです。
それに加えて腸の運動を高めますから、腸内環境が良くなることと合わせ、便秘が解消されます。
ただ、乳酸菌の宝庫であるヨーグルトを摂取すれば良いかというと、そうではありません。
元々腸内にいる乳酸菌とは違って、一般のヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は胃酸に殺菌されて、腸までたどり着くことができないのです。
ですがその中で、LG21は胃酸に負けることもなく、生きたまま腸までたどり着きます。
生きていますから、元からいる腸内乳酸菌と同じはたらきをして、腸内環境を整える効果を発揮します。
そのため、LG21乳酸菌の含まれているヨーグルトなどは、便秘の解消に役立つのです。
悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を整え、便秘を改善するわけですから、すばらしいものです。
便秘の原因としてはほかにもストレスや運動不足、水分不足なども関係していますから、それらの原因も解消するに越したことはありません。
下剤などを服用して無理に便秘を治すよりも、乳酸菌の力で自然に解消する方が身体の負担も減り、より安全です。
ちなみに便秘改善のほかにも抗腫瘍作用や免疫賦活作用、血中コレステロール低減作用、高血圧抑制作用などがあり、腐敗菌の増殖を抑えることができるために食品の保存性も高めるといった効果もあります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする