Bifixで便秘対策

Bifixで便秘対策

便秘を解消させるためには、腸内で乳酸菌などの善玉菌を増やして、安定した腸内環境を作ることが何よりも大切になってきます。
そのためには、乳酸菌であるビフィズス菌の摂取を日頃から心がけなければなりません。
Bifix(ビフィックス)とは、グリコ乳業が独自の技術で開発したビフィズス菌の1種で、正式名称をGCL2505株といいます。
このビフィックスの最大の特徴は、腸内で乳酸菌を増やすことができるという点です。
一般的なビフィズス菌は、食べ物として体内に取り込むと、胃のなかで強力な胃酸により死滅する場合が多く、腸内まで十分な量が行き届かないことが往々にしてあります。
しかし、このビフィックスは胃酸に強いという性質を持っているため、胃の中で死滅することがほとんどなく、そのまま腸内へと届けられます。
また腸内に届けられたあとでも、時間が経過する毎にビフィズス菌が腸内で増え続けるため、継続してこのビフィックスが配合された食品を摂取することで、常に善玉菌の多い腸内環境を作り上げることができます。
たとえば20億cfu食べた人の場合で、通常のビフィズス菌が配合された食品と較べて、平均で31.8倍ほど乳酸菌の量が増えるという結果が出ています。
したがって、腸内環境をよくするために摂取するビフィズス菌の量が、ほかの製品と較べて少なくて済むことになります。
腸内環境がよくなると、お通じも定期的にスムーズに行うことができるため、これまで悩みだった頑固な便秘を解消していくことにつながります。
そのほか、腸内環境が改善されることによって、身体の免疫力も強化されますし、消化吸収の効果も飛躍的に上昇するでしょう。
ビフィックスは、腸内で乳酸菌が定着していると、1週間程度は新たにビフィックスを含む食品を摂取しなくても、腸内で乳酸菌が増えるようになっていますが、よりよい腸内環境を整えるためにも、数日に1度は、ビフィックスを含む食品を摂取するのが望ましいです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする