BE80菌で便秘対策

BE80菌で便秘対策

「あ、便秘かな?」となんとなく、便通が悪いことだけしか認識しない便秘ですが、実はお腹の中の腸内環境が悪化しているために便秘が生じます。
便は、食物や身体の老廃物であり、腸内に長い時間留まることにより、腸内腐敗が進み、私たちの健康に有害な物質が増加します。
したがって、便秘になると頭痛がしたり、肌荒れが酷くなったり、体調が優れなくなったりという症状が現れるのです。
便秘の解消法としては、有名なお腹を「の」の字に描くマッサージ、運動をする、牛乳を飲む、規則正しい食事摂取、食物繊維の摂取などの食事療法、便秘薬の使用などがあります。
できれば、便秘薬には頼らず、日常生活の改善で治したいものです。
また、便秘は一時的なものではなく、慢性的になることの方が多いと言われています。
便秘とは、便が腸管を通過する時間が長い、ということであり、これは生活習慣や食生活を見直すことで解消できます。
腸内には当たり前のように数千種類の菌が存在しており、乳酸菌やビフィズス菌といった身体に良い善玉菌、大腸菌などの身体に悪い影響を及ぼす悪玉菌があり、これらのバランスにより、腸内の健康が保たれるわけです。
善玉菌より悪玉菌が増えバランスが崩れると、腸内にある便の腐敗が進み、ガスが発生します。
通常であれば、善玉菌により悪玉菌の増殖を防ぐわけです。
このような仕組みにあって、便秘対策として良く耳にするのが乳酸菌やビフィズス菌が含まれるヨーグルト等の食物の摂取です。
身近な食物で摂取できるものではありますが、実は、これらの乳酸菌やビフィズス菌は腸に届く前の胃でほとんどが死滅してしまいます。
つまり、単にヨーグルト等を摂取するだけではなかなか便秘解消の効果が上がらないのです。
そこで、耐性の強い菌として乳酸菌やビフィズス菌を含み腸まで届く「BE80菌」が開発されています。
BE80菌を含むヨーグルトとしては、ダノンジャパンから発売されているBIO(ビオ)が有名です。
「生きたまま腸まで届く高生存ビフィズス菌」という触れ込みで、ビフィズス菌の弱みを解決しています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする