フルーツ入りのゼリーで便秘対策

フルーツ入りのゼリーで便秘対策

便秘対策には、フルーツ入りゼリーを活用することもできます。
とくに便秘対策として必要不可欠な、食物繊維を多く含むフルーツの入ったゼリーは、便秘の解消に効果的となっています。
食物繊維を多く含むフルーツとしては、オレンジやグレープフルーツといった柑橘類や、イチゴやブルーベリーといったベリー類、リンゴ、キウイなどがあげられます。
まずオレンジやグレープフルーツといった柑橘類には、水溶性食物繊維の1種であるペクチンが、豊富に含まれています。
ペクチンにはおもに、腸内で水分を調節して、排便を促進させるといった働きがあります。
また柑橘類の酸味の元となるクエン酸にも、腸を刺激して便意を促進させるといった作用があるため、便秘対策に効果的となっています。
ただし柑橘類に含まれる食物繊維は、果肉よりも果肉を覆う袋の部分や白い筋に多く含まれているため、それらを一緒に食べるということが大切となります。
ゼリーではこれらは除去されている場合が多いため、便秘対策の効果としては、限定的になると言えるでしょう。
続いてイチゴやブルーベリーといったベリー類には、食物繊維のほか、クエン酸などといった有機酸が多く含まれています。
中でもベリー類に含まれるエラグ酸には、強い抗酸化作用があり、腸内環境を健康的に保つといった効果があるとされています。
そしてゼリーによく使用されているリンゴには、柑橘類と同様、水溶性食物繊維の1種であるペクチンが豊富に含まれています。
リンゴペクチンにはとくに、腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌の繁殖を抑えるといった働きがあります。
その働きは、柑橘類に含まれるペクチンよりも大きいと言われています。
またリンゴペクチンには、余分なコレステロールを吸収して、体の外へ排出するといった働きもあります。
そしてキウイには、食物繊維のほか、タンパク質分解酵素が多く含まれています。
タンパク質分解酵素にはとくに、肉や魚などの消化吸収を促進するといった、腸内活動をサポートする働きがあります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする