シナモン入りのスイーツで便秘対策

シナモン入りのスイーツで便秘対策

シナモンは、東南アジア原産のクスノキ科の木の樹皮を乾燥させた、スパイスの1種となります。
独特の香りで、ほんのりとした甘さがあるのが特徴となります。
おもに洋菓子やパンなどのスイーツに使用されることが多く、摂取することによって、さまざまな効果・効能を期待することができます。
シナモンにはおもに毛細血管に働きかける作用があり、毛細血管を丈夫にしたり、痛んだ箇所を修復するといった作用があります。
毛細血管が丈夫になることによって、体全体の老化防止や、肌のシミ・シワ・たるみの予防、頭髪の抜け毛防止、高血圧の改善などといった、さまざまな効果を期待することができます。
毛細血管の血行が促進されることによって、冷えやむくみなどを予防・改善するといった効果も期待することができます。
またシナモンには脂肪細胞を小さくするといった効果もあるため、ダイエットにも効果が期待されています。
とくに血管の修復力が低下する40代以降の人は、効果が実感しやすいと言えるでしょう。
また閉経後の女性は、女性ホルモンの減少によって毛細血管も減少しやすいため、より効果を実感しやすいと言えます。
シナモンの便秘に対する効果としては、毛細血管内の血流が良くなることによって、消化器系の機能が活発化され、便秘が改善されるといったことを期待することができます。
最近ではシナモン入りのスイーツとして、シナモンロールやアップルパイ、ドーナツ、クッキーなどが、多く販売されています。
京都を代表する和菓子「八ッ橋」も、シナモン入りのスイーツとして有名です。
そのためシナモンは、手軽に摂取することができると言えます。
スパイスとしてのシナモンも、スーパーなどで、スティック状のものや粉状のものが販売されています。
粉状のシナモンは、牛乳やヨーグルト、コーヒー・紅茶などに、はちみつと一緒に入れても、おいしく摂取することができます。
スティック状のものはおもに、東南アジア系の料理などで使用がされています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする