コンビニランチでの便秘対策は麺類とフルーツと乳酸菌飲料で

コンビニランチでの便秘対策は麺類とフルーツと乳酸菌飲料で

便秘で悩んでいる方は、食生活をどう改善すれば良いかと、日々悩みが尽きないところです。
その一方で、仕事が忙しくて自炊する余裕が無く、どうしても食事はコンビニに頼らざるを得ないという方も多いでしょう。
便秘に限らず、コンビニランチは身体を悪くするという印象があります。
一概にそうとは言えないのですが、パッケージされているお弁当は、肉類や揚げ物が多く、栄養バランスの面では難があるのも事実です。
ですから、食べ方というか、メニューの選び方を工夫すれば、コンビニランチであっても栄養バランスを改善することは可能です。
まずは主食ですが、ごはんはどうしても濃い味のおかずが欲しくなるので、麺類に置き換えるのがおすすめです。
一緒に食べるのはサラダと言いたいところですが、生野菜は大半が水分のため、なかなか思うように栄養が摂れません。
したがって食物繊維も不足気味になりますし、身体を冷やしてしまうなどの悪影響もあります。
もちろん、茹でて水分を切るなどの工夫をすれば問題無いのですが、コンビニ通いの方であれば、そこまでする余裕は無いという方が大半でしょう。
そこで野菜の代わりにおすすめしたいのが、フルーツです。
デザートに食べるものという印象が強いですが、実は、食物繊維を豊富に含む食品が多いのです。
特におすすめなのがキウイで、成人女性を対象とした臨床研究でも便秘改善効果が現れたとする報告がある優れものです。
それともう1品、ドリンクコーナーからは乳酸菌飲料を選びましょう。
言わずもがな、腸の働きを活性化してくれるもので、種類も多いですので飽きずに続けることが出来ます。
忙しくて、なかなか朝食が取れないという方でも、フルーツにヨーグルト、もしくは乳酸菌飲料を組み合わせて、お腹を空っぽにしないようにしましょう。
食物繊維だけでなく、カロリーも一緒に摂れますので、エネルギー不足で身体に余分な負担を掛けることが防げます。
コンビニ生活だから仕方ないと思うのではなく、うまく付き合いながら、自分の身体をしっかりとリフレッシュしましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする