豆乳で便秘対策

豆乳で便秘対策

豆乳は、便秘に効果のある飲み物として知られています。
豆乳が便秘に効くとされる理由は、その成分にあります。
豆乳に含まれる成分の中で便秘に効果のある成分はオリゴ糖と食物繊維、そしてイソフラボンです。
オリゴ糖は、ブドウ糖と果糖によって構成される糖分の一種で、豆乳を飲んだ時に感じる甘みの元になっています。
このオリゴ糖は、人間の腸内にいる善玉菌であるビフィズス菌のエサとなってその数を増やし、働きを活性化させます。
大豆のオリゴ糖は胃では吸収されずにビフィズス菌がいる腸にまで届くため、非常に効果的な食材であるといえます。
善玉菌であるビフィズス菌が活躍することで腸内環境の正常化、さらには身体全体の免疫力の向上にも効力を発揮します。
食物繊維は、いわずと知れた便秘対策の代表的な栄養素で、便を柔らかくし排便を促進する効果を持ちます。
豆乳に含まれる食物繊維は原料である大豆を由来とした食物繊維で成分としては大豆のものと変わらないため、安心して飲むことが出来ます。
イソフラボンは、体内に取り込むことで女性ホルモンと似た働きをすることで知られています。
女性が便秘になりやすいのは、ホルモンバランスを崩すことで腸の働きが悪くなることにも一因があると言われています。
ストレスを感じたときなどに起きる便秘を解消するにはホルモンバランスの崩れを改善する必要があり、イソフラボンにその効果が期待できるでしょう。
また、豆乳はそのものの栄養価が非常に高いため、栄養バランスを改善して体調を整えるためにはうってつけの食材です。
肌にも良い影響を与えるため、美容効果も十分です。
こういった効果を活用して美しく健康な身体を作ることで精神的にも安定することができ、そのことが便秘を解消するという副次的効果も期待できるでしょう。
豆乳はそのまま飲むだけでなく、様々な料理やお菓子などのレシピにも活用することが出来るため、ぜひ毎日の食卓に取り入れて健康な身体をつくっていきましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする