スパイスの多いインド料理は便秘に良い?

スパイスの多いインド料理は便秘に良い?

インド料理は、その素材として大量のスパイス類を使用することでも知られています。
インド料理に使われるスパイスの多くは、中国の漢方で生薬として使用されているもので、インド料理はいわば薬の塊を食べているようなものなのです。
たとえばカレーによく使用されるターメリックは、別名を「ウコン」といいます。
ウコンといえば漢方の素材として非常にポピュラーなもので、日本でも健康食品や薬の原料として使用されていることはよく知られています。
このように、薬としても使用される素材を毎日たくさん取り入れることができるインド料理は非常に健康に良く、身体の様々な働きを整えることができます。
なかでも、便通の改善には特にポジティブな効果があり、インド料理に使用される代表的なスパイスから例を挙げると、コリアンダーには胃腸の働きを向上させて身体の新陳代謝能力を高める働きがあり、ブラックペッパーには唾液の分泌を促進して消化吸収を助ける働きがあり、シナモンには内臓の機能全般を高める働きがあります。
他にもナツメグには消化促進と栄養の吸収を助ける働きがあり、クミンには消化液の分泌促進と腹痛や胃痛の解消効果があるなど、こうやって数え上げていけばきりが無いほど消化機能を高めるスパイスがあるのです。
このようなスパイスを毎日摂取しているため、インド人には便秘になる人が非常に少ないといわれています。
毎日きちんと便を排出し、お腹の中にガスをためないことが美容と健康のためには重要なことですが、毎日食べる食事の中で自然とそれを実践できているのがインド料理なのです。
インド料理は、古い歴史を持つインドの伝統的医学である「アーユルヴェーダ」に基づいて多くの生薬を料理に取り入れていることも、その背景にあると言えるでしょう。
便秘に悩む人、そして毎日の食事から健康で美しい身体を作っていきたいという人は、ぜひスパイスをたくさん取り入れたインド料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする