ひじきで便秘対策

ひじきで便秘対策

女性が抱えている悩みとしてはいろいろなものがありますが、中でもいつも上位に挙げられるものが「便秘」です。
便秘を解消するためには運動、水分や食物繊維の摂取が効果的であるとされています。
食物繊維が多く含まれている食品にもさまざまなものがあり、中でも最近注目されているものが海藻類です。
特にひじきは海藻類の中でももっとも食物繊維を含有していて、その量は100g中に60gほどにもなります。
1日に摂取すべき食物繊維の目安は20gですから、ひじきであれば50gも食べればクリアすることができます。
スーパーマーケットなどでも比較的手に入りやすく、ご家庭での調理もしやすい食材なので、手軽に便秘予防ができると言えます。
ひじきには、食物繊維以外でも注目すべき栄養素が数多く含まれています。
カルシウムはひじき15g中に、牛乳1本分に相当する量が含有されており、便秘のイライラ解消にも役立ちます。
特に妊婦さんはカルシウム不足になりがちで、腹部を圧迫されて便秘にも悩まされる方が多いので、ひじきは毎日の食事に最適な食材です。
五目煮などであればその他いろいろな食材も同時に摂取できるので、栄養のバランス面からみてもオススメです。
ひじきには人間に必要な栄養素として有名なビタミンやミネラルも豊富に含まれていますが、特に注目したいのがフコダインやアルギン酸、クロムといった栄養素です。
これらには血圧やコレステロールを下げる働きがあり、高血圧や高血糖、動脈硬化をはじめ、近年問題となっているメタボリック症候群などの生活習慣病予防にも効果が期待できます。
ひじきを食べる事によって、便秘予防だけでなく生活習慣病予防にもなるため、積極的に摂取したい食品と言えるのではないでしょうか。
ひじき自体は海藻類なので低カロリーですが、調理方法によっては塩分や糖分の摂りすぎになってしまう可能性もあるため注意が必要です。
食事のレシピとしても、さまざまな調理方法があります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする