味噌汁で植物性乳酸菌を摂取して便秘対策

味噌汁で植物性乳酸菌を摂取して便秘対策

乳酸菌は腸内環境を整えるということで知られますが、「乳」の字が入っているからと言って、ヨーグルトやチーズなどの乳製品にだけ含まれているというわけではありません。
乳酸菌には動物性と植物性があり、植物性乳酸菌は植物が原料となった発酵食品、例えば漬物・味噌・醤油などに多く含まれます。
植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて、過酷な環境でも生き抜くことができます。
植物由来の様々な食品に生息し、様々な種類・濃度の糖を養分とし、様々な微生物とも共存できるばかりか、高濃度の塩分の中でも生息します。
植物性乳酸菌は生きたまま腸に届き、腸内生存率が動物性乳酸菌の10倍という研究結果もあります。 
効果として、免疫活性作用、発癌物質の排出・分解、便秘・下痢の解消、病原菌感染の予防などが挙げられます。
日本人は古来より消化に時間のかかる繊維質の多い食物を食べてきたため、腸が欧米人よりも長いと言われています。
その日本人の腸内環境を整えて来たのは、過酷な環境でも生き抜くことができる植物性乳酸菌に他なりません。
中でも味噌は、植物性乳酸菌を豊富に含む食品です。
加熱する前の味噌から微かにアルコールの匂いがするのは、乳酸菌の発酵によるものです。 
一説には、味噌汁は加熱調理するため乳酸菌が死滅するという意見があります。
また、仮に生き残っても胃酸で死滅するという意見もあります。
しかし、味噌の中で培養した乳酸菌を培地ごと摂取するわけですから、乳酸菌が好む培地を腸に送り込む効果があります。
その結果、腸内にもともと住み着いている乳酸菌の増殖を助けると言えます。
味噌の主原料は大豆ですが、麹や塩を混ぜ合わせて発酵させることにより大豆のタンパク質が消化しやすく分解されると同時に、旨味成分であるアミノ酸が作られます。
味噌汁は、旨味成分とともに乳酸菌とその培地を汁ごと余さず飲むことができるばかりか、具の組み合わせで味と栄養価を数限りなく変化します。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする