外での中華で便秘を解消

外での中華で便秘を解消

便秘になる原因の多くは野菜不足の食生活にあることが多いようです。
現代人は外食をすることが多く、これを避けて通ることはできませんが、そこで栄養のバランスに気をつけずに、好きな物ばかり、食べやすい物ばかりを食べていると野菜不足になりやすいのです。
家での食事も振り返ってみれば野菜不足になっている人が多いようですが、それに加えて外食でも肉中心の食事になると、腸の動きが活性化されないので、便秘になるのは当然のことです。
外食をするから悪いのではなく、野菜不足にならないようなメニューを選んで食べるように心がけていけば、外食でも充分にバランスのよい食事をすることができます。
野菜は外食でもサラダなどではある程度食べますが、生野菜で食べられる量は限られています。
一日に必要な野菜は300gと言われていますが、これを生で食べると相当な量になります。
ここで注目したいのが中華です。
中華料理には、野菜がたくさん入った炒め物、煮物、スープなどのメニューがたくさんあります。
どれも生野菜ではなく加熱してあるので、たくさんの量を簡単に食べることができるので、必要な食物繊維を補うためにおすすめです。
そして便秘解消には食物繊維だけではなく、腸の潤滑油の働きをする油も適度に摂る必要がありますが、中華の炒め物には両方を摂ることができます。
温かいスープ類は身体を心から温める効果があるので便秘の原因である冷えを予防することもできます。
そして、中華には腸を刺激する働きのあるスパイスもたくさん使われています。
これらのスパイス類は漢方薬にも使われている生薬と共通にもので身体を温めたりなど便秘の解消の効果をもったものもたくさんあります。
中華には油の多いこってりとした料理もたくさんあるので、何でもよいというわけではなく、好きな物だけを選んでいるとバランスは崩れてしまいます。
便秘解消に必要な適度な油と食物繊維と効果的なスパイスを考慮して、バランスよく選んで食べるようにするとよいでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする