外で和食で便秘を解消

外で和食で便秘を解消

便秘になってしまう原因は食生活にあることが多いようです。
特に外食が多い人は便秘に悩まされている人が多いようですが、外食でも工夫をしてメニューを選べば、スムーズな排便ができるようになります。
外食が多いことが便秘の原因であると思っている方は、何を食べているのかを振り返ってみるとよいでしょう。
食べるものが洋食ばかりになっていて、しかもハンバーガー、トンカツ、パスタ、ステーキと、毎日がこういう食べ物の連続になってはいないでしょうか。
もちろん洋食でもバランスよく、いろいろな物を食べて、そのなかには便秘対策になる野菜が摂れるメニューもあるはずですが、多くの人は野菜不足になっている傾向があります。
ところが和食を見てみると、ヒジキの煮物、切り干し大根、きんぴらごぼう、煮豆、筑前煮、芋煮など食物繊維が豊富なメニューがいくつも簡単に思い浮かべることができます。
食物繊維を充分に摂ろうと思ったら、和食がいちばん簡単なのです。
また、便秘解消には腸の蠕動運動を活発にすることが必要です。
そのためには腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌が多いよい環境をつくってやることが必要です。
食物繊維は善玉菌のエサになるので効果的ですが、合わせて乳酸菌などの発酵食品を摂ることも効果的なことがわかっています。
日本の伝統的な食品のなかには、漬け物、納豆、味噌、醤油などの発酵食品がたくさんあります。
和食のセットにはたいていみそ汁や漬け物がついているので、特に意識しなくても食べることができます。
日本人の食習慣が洋食中心になっているので、和食は食べ慣れないという方もいるかもしれません。
しかし、昔からある日本の食事には便秘を解消するためによい食べ物がたくさん含まれています。
そこには昔の人の知恵がたくさん活かされていて、昔の日本人は自然に体によいものを食べていました。
洋食を食べるときでもバランスに注意しながら、少しずつ和食を増やしていくことができたら、便秘の悩みも解消していけるでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする