わかめとキャベツともやしのナムルで便秘対策

わかめとキャベツともやしのナムルで便秘対策

便秘になってしまうと、おなかがはって辛いのですが、それだけでなく健康にも悪影響を与えてしまいます。
便秘によって老廃物が長く体内にとどまってしまうので、腸の中の悪玉菌を増やしてしまいます。
このことによって、様々な病気を引き起こします。
健康面についても良くないのですが、肌のくすみを引き起こすなど美容の大敵にもなってしまいます。
便秘を解消するには、規則正しい生活や運動、水分補給が大切です。
食事で気を付けることは、食物繊維やビタミンやミネラルを上手に取ることです。
食物繊維は、便を軟らかくして、さらに量を増やす働きがあります。
そのことで、有害な老廃物を排泄しやすくしてくれます。
便秘は肝臓に対して負担をかけるのですが、ビタミンやミネラルは、肝臓の働きを助けてくれます。
こういった栄養を摂取するには、和食、洋食、中華とどんな料理でも可能です。
中華料理で食物繊維を取るには、わかめ、キャベツ、もやしなどの食材を使ってナムルを食べるのも効果的な食事方法です。
一例として、「わかめとキャベツの炒めナムル」があげられます。
わかめはエネルギーが低くて、ミネラルと食物繊維が豊富です。
キャベツは胃の粘膜を保護するビタミンUを含み、ビタミンCやAも豊富です。
調理方法は、ごま油でニンニクとネギを炒め、香りがたったら、酒・醤油の調味料とともに、わかめとキャベツも炒めるというものです。
器に盛ったら、一味唐辛子とごまをふります。
もやしも食物繊維とビタミンをたっぷりと含んでいます。
豆もやしのナムルも便秘解消のために、食事に取り入れてはいかがでしょう。
作り方ですが、まず豆もやしを茹でたら、次にほうれん草を茹でます。
茹でたほうれん草は、水にさらしてから固く絞ります。
ボウルに豆もやしとほうれん草を混ぜ入れて、すり下ろしたニンニクに、コチュジャン、みりん、醤油、ごま油を混ぜて和えます。
盛り付けたらいりごまをかけて仕上げます。
豆もやしは便秘に対する効果ももちろん、その単価当たりの栄養価が高いという意味でもお勧めの食材でもあります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする