さつまいもとひじきで便秘対策

さつまいもとひじきで便秘対策

便秘で悩んでいる人は、少なくありません。
悩みを解消するためには、便秘対策に有効であるとされる食べ物を活用することが効果的です。
まず、なんといってもさつまいもです。
便秘対策といえば、真っ先に思いつくことが多い食べ物でしょう。
ただ、女性にとっては、おならが気になるかもしれません。
それと、「さつまいもを食べると便秘になる」という、まったく逆の話もあります。
基本的には、さつまいもに含まれる食物繊維の効果で、お通じは良くなります。
しかし、腸の働きが弱っているときに食べ過ぎると、食物繊維が腸を刺激することでお腹が張ってしまい、かえって便秘が悪化してしまうのも事実です。
食べ過ぎないことと、あとは水分を同時に摂るようにすることが大事です。
牛乳を一緒に飲むと、乳糖も便秘の改善に役立つ成分なので、おすすめです。
また、さつまいもにはヤラピンという独自の成分が含まれていて、便を柔らかくする効果があります。
ですから、便秘対策に効果的な食べ物であることは間違いありません。
ところで、ひじきも便秘対策の優等生です。
海藻類は便秘に効くと言われていますが、その中でも食物繊維を抜群に多く含んでいます。
食物繊維だけでなく、ビタミンやミネラル、カルシウムも豊富に含んでいるので、便秘対策だけでなく健康維持そのものに有効な食べ物です。
ただし、塩分の取りすぎには注意が必要です。
そこで、甘いさつまいもを組み合わせてみるという方法があります。
さつまいもとひじきの煮物は、家庭料理の定番のひとつですが、実は、理にかなった便秘対策の食事方法でもあるのです。
既に述べたように、さつまいもは食べ過ぎると逆効果ですが、食物繊維の豊富なひじきと一緒に摂ることで、量を多くする必要が無くなります。
また、ひじきも単独で食べると、濃い味付けになってしまいがちですが、さつまいもの甘さがバランスを取ってくれます。
いくら便秘に良いといっても、嫌々ながら食べていてはストレスになり、身体に別の負担が掛かってしまいます。
レシピを工夫しながら、美味しい食事をして、すっきりとした毎日を送れるようにしましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする