重度の便秘には病院しかない?

重度の便秘には病院しかない?

便秘はつらいものであり、実に女性の半分以上は便秘であるという話もあります。
そのような悩みの種になってしまう便秘は、厄介なものです。
状態がひどい人であれば、一週間にもわたって便通がないというケースもあります。
そうなると、もはや自力で何とかしようとしても厳しいのではないでしょうか。
そこで、病院にかかるという選択をする必要が生じます。
病院では検査としてまず、おなかのレントゲンを撮ります。
それによって腸がどのような状態になっているのか、どのようにガスが溜まっているのかといったことがわかります。
必要があれば、血液検査も実施されます。
結果は通常、1時間以内には明らかになります。
腸閉塞がなく、便自体が肛門の近くにあるときにはそのまま浣腸をします。
これは市販されているものよりも量が多いため、よく効きます。
さらには下剤も処方されますから、これで大体はすっきりします。
また、生活習慣に問題があるという場合には、その点について改善するためのアドバイスをされることもあります。
下剤ではなく、マグネシウム剤や整腸剤が出されるという場合もあります。
あまりにも便秘が繰り返される場合には、エコーや内視鏡検査が行われる場合もあります。
内視鏡であればまず、下剤を飲んで腸の中をきれいにしてから肛門から内視鏡を入れます。
内視鏡を使うことで、がんなどの異常があるかどうかもわかります。
ただ、これは便秘が腸内の問題であるとわかっている場合だけです。
ですが、大抵はそこまで深刻なことにはなりません。
下剤へあまりに頼ってしまうと、今度は自己排泄力が低下してしまいます。
ですから、生活習慣を見直すことがもっとも大切です。
民間療法もたくさんあり、腸をマッサージしたり運動をしたり、野菜をたくさん摂取したりするなどといった対策もあります。
どうしてもという場合には病院にかかる必要もありますが、普段の生活から気をつけることのできる点もあるのです。
水分をたくさん摂取し、オリゴ糖などを使うことも効果的です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする