便秘対策用のお茶は本当に効く?

便秘対策用のお茶は本当に効く?

便秘に悩む女性の中には、便秘対策用のお茶をいろいろ試したことのある人も多いと思います。
ですが、実際のところ、お茶で本当に便秘は改善されるのでしょうか。
その効き目について、実際に飲んでみて疑問に感じたことがある人はいないでしょうか。
じつは、便秘に対して効果の無いお茶もたくさん存在するのです。
まず、便秘の解消には水分の補給がとても大切です。
この観点「だけ」から見ればお茶をたくさん飲むことは便秘対策としては間違ってはいません。
ですが、お茶には水分の他に便秘に関係する、ある成分が含まれています。
それは誰もが知っている「カフェイン」なのです。
カフェインは眠気覚ましなどの効果でも知られますが、じつはかなり強い利尿作用を持っています。
コーヒーやお茶を飲んだ後トイレが近くなったという体験は多くの人が経験しているでしょう。
バスや電車での長時間の移動ではあまりお茶を飲まないようにと言われたことはないでしょうか。
カフェインは体内に吸収されると交感神経を興奮させ、腎臓の血管を拡張させます。
すると、腎臓の中で尿を作る機構を通過する血液の量が多くなります。
腎臓は血液をろ過して尿を作っているため、どんどん血液中の水分から尿を作り出すことになります。
そうすると、当然体の中に含まれる水分量が減るため、水分を補給しなければいけません。
そこで、大腸は便からの水分吸収量を増やすことになります。
結果として、便の水分が失われて硬い便となり、便秘を引き起こすことになるのです。
これがカフェインが便秘を促進させるメカニズムなのです。
つまり、便秘対策用に飲むお茶の効果の有無はカフェインを含むかどうかに関わってくるわけです。
便秘に効くといわれているお茶を飲む時は、その成分を確認して、カフェインを含んでいるかどうかを事前に調べておく必要があります。
どれだけ他に有効成分が入っていたとしても、カフェインが含まれていたのではそのせっかくの便秘改善効果を打ち消してしまうことになるのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする