中度の便秘はふんばりどころ

中度の便秘はふんばりどころ

軽くはないけれども、重症でもない中度の便秘の場合には、時々便秘薬に頼ってしまう方もいるでしょう。
便秘薬の使用がだんだん頻繁になってくると、自分の力では排便できなくなってしまうので、層成る前に対策をとることが必要です。
排便は腸の蠕動運動が活発ならばスムーズにいくはずですが、便秘の人で便秘薬に頼っていると、だんだん腸の運動が鈍くなってきます。
できるだけ薬に頼らずに自然に排便ができるようにするためには、手遅れにならないうちにがんばりましょう。
がんばるといっても、トイレに行ってむりにふんばるのはいけません。
しかし、出ても出なくても、朝食後にはトイレに行って座ることを習慣にしていくことは必要です。
いちばん大切なことは食生活なので、もう一度自分自身の食事を見直して、便秘になる要素があれば改善をします。
野菜や果物などの食物繊維が豊富なものを食べて、善玉菌を増やして腸内環境を整えるためにヨーグルトやオリゴ糖なども習慣的に食べるようにしましょう。
ひとつの食材ばかりに偏るのではなく、食物繊維が豊富な食物にはいろいろなものがあるので、バランスよく摂取しなければいけません。
食べ方も工夫して、食べやすいように料理も楽しみながらすると楽しく便秘対策をすることができます。
食事の時間にも気をつけます。
食後にゆっくりとした時間がとれるように余裕をもつことが大切なので、寝る直前に食事をするのもよくありません。
便秘の原因には運動不足もあります。
運動は腸への刺激にもなり、動きを活発にすることにつながります。
お腹のマッサージをするのもよい刺激になります。
また、オフィスワーク中心の職業の人は腹筋が弱くなっていることも、便秘の原因かもしれないので、適度に運動をして少し腹筋を鍛えるとよいでしょう。
決して激しい運動をする必要はなく、一駅分歩く距離を増やしたり、簡単な腹筋運動をするだけでもよいです。
食事と運動と生活習慣の3つを見直して、便秘対策になることを頑張ってみることで、中度の便秘は解消していくことができます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする