便秘対策には忙しくても朝にとにかく何かを口に…

便秘対策には忙しくても朝にとにかく何かを口に…

便秘にならないためには規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。
特に食事をきちんと規則正しく摂ることが、腸の活動を活発にすることにつながります。
そして3度の食事のなかで便秘を予防するために最も大切なのは朝食です。
その理由は、起床したばかりで、まだ頭はしっかりと目覚めていない時間に胃腸の働きが活発になるからです。
このタイミングで朝食を摂ることで、腸は蠕動運動を起こします。
蠕動運動で腸の動きが活発になれば、自然と排便にとつながっていくことができます。
そして朝食後にしばらくゆっくりとしていると、副交感神経が優位になることで、さらに蠕動運動が活発になり、自然に便意がおきてきます。
もし、朝食を摂らないと腸が刺激されることはなく、蠕動運動が起きないので便がスムーズに運ばれて便意がおきるということになりません。
ですから、朝食をしっかりと食べて、少しゆっくりする時間が取れるように、今までよりも少し早く起きることも大切です。
朝、排便を済ませることができないと、日中の仕事中に便意がおきてきたりします。
そのタイミングが悪いと、トイレに行くことができずに我慢することになります。
これを繰り返しているうちに、神経の伝達が鈍くなって便意がおきにくくなり便秘への悪循環の始まりになってしまいます。
どうしても忙しくて、あるいは朝早く起きることができなくて、しっかりとした朝食を摂ることができない人もいるでしょう。
そういう人は、無理をするのではなく、食べるのに時間がかからない工夫をするとよいでしょう。
たとえば便秘に効果があるビフィズス菌のヨーグルトとオリゴ糖を組み合わせて食べたり、もっと簡単にしたければ、食物繊維が豊富な野菜や果物のジュースを飲むだけでも違います。
そして、朝排便を済ませられなかった場合でも、昼間便意がおきたら我慢をせずにトイレに行くように努力や工夫をしていくことで、便秘になることを防ぐことができます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする