欠食をしない食習慣のすすめ

欠食をしない食習慣のすすめ

一般に食事は朝昼夕の三食ですが、この三食を欠食せずに、できるだけ決まった時間に規則正しく摂ることこと、便秘対策の基本です。
食事だけではなく、睡眠もそうですが、生活のリズムをきちんとつくっておくと、そのなかで排便も規則的にできるようになります。
生活のリズムが狂ってしまうと自律神経のバランスが崩れてしまうために、腸の働きは鈍くなります。
排便には腸が活発に働いていることが必要なので、働きが鈍くなれば便秘という結果になります。
人間の体は、食事をするとまず交感神経が活発になります。
食後しばらくゆっくりとしていると、やがて副交感神経の働きが優位になってきます。
そうすると腸の働きが活発になり、食べたものを消化吸収して、さらに排便できるように便を運んでいきます。
食事と休息の組み合わせがきちんとできるような時間的な余裕をもって、規則正しく生活のリズムができてくると、自然に排便ができるようになります。
3度の食事のひとつを抜いてしまうと、それだけでリズムが狂ってしまい、便秘の原因になります。
いろいろな事情がありますが、なるべく努力して食事を抜かずに食べるように心がけることが大切です。
食後のゆったりとした時間は、朝食の後にとることができれば、出かける前に排便をすることができます。
ゆったりとするのは起きている状態でゆったりすることです。
食事をしてすぐに寝ると、交感神経が優位なままで眠ることになるので、腸の運動が充分にできずに消化不良を起こしたり便秘になったりします。
ですから寝る直前の食事も便秘の原因になります。
しかし、どうしても夕食が遅くなってしまい、寝る前に食べなければならない場合には、胃腸に負担がかからない軽いもので済ませるとよいでしょう。
早寝早起きが健康の秘訣であることは、昔から言われていることですが、できるだけ早く寝て、早く起き、食事を抜かないで一日3回をしっかり摂ることが大切です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする