腸の機能を高める重要性

腸の機能を高める重要性

便秘に悩んでいる人は、たいへん多いようです。
便秘ぐらい病気ではないとあなどっていると、さらに他の症状が出てきて健康を害して病気になってしまう恐れもあります。
慢性化するとなかなか解消することができず、毎日をすっきりとしない気分で過ごさなくてはならず、体だけではなく心の健康にもよくありません。
便秘には人によっていろいろな原因がありますが、まず大切なことは腸の機能を高めることです。
腸の機能を高めるためには、腸内環境を整えることが基本です。
腸内環境が良くなると、善玉菌が増えて悪玉菌が減り、その結果免疫力が高くなります。
便秘の人には悪玉菌が多いことがわかっていますが、加工食品に偏りすぎた食生活にも原因があります。
善玉菌を増やすために有効なものは、ビフィズス菌、オリゴ糖、ビタミン、ぬるぬるした食品、食物繊維などです。
ビフィズス菌はヨーグルトで知られていますが、腸内に増えると悪玉菌が増えにくい環境になります。
ビタミンでは特にB1、B2、B6などが有効です。
ぬるぬるした食品はオクラ、モロヘイヤ、海藻、こんにゃくなどで、いずれも水溶性の食物繊維を豊富に含んでいます。
食物繊維は便の量を増やし、腸を刺激するものですが、ダイエットをしていると不足がちになります。
ダイエットが必要な人は、食物繊維を積極的に摂取して腸内環境を整えるようにしなければなりません。
また腸内環境を整えて腸の機能を高めることができる食品には、納豆、ぬか漬けなどの発酵食品も身近にあるものとして知られています。
日本の伝統的な食品を適度に食べることによって、自然と便秘を予防することになります。
食事以外では、運動不足も腸への刺激が弱くなるために蠕動運動が置きにくくなるので、適度に運動をすることも心がけなければなりません。
そして、ストレスも自律神経のバランスを悪くして、胃腸の働きが悪くなり排便の障害になります。
全くストレスをなくすことは不可能ですが、精神的な健康も保つように努力工夫することが大切です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする