軽度の便秘でも油断してはいけない

軽度の便秘でも油断してはいけない

便秘はひどくなってから治そうとするのではなく、軽いうちに気がついたらすぐに対策をとることで、長引いて苦しむことがなくなります。
「今日は出ていないけど、まあ一日ぐらいよいだろう」という油断が慢性の便秘の始まりです。
そうしているうちに、二日経ち、三日経ち、気づいてみると一週間溜め込んでいるということになることは珍しいことではありません。
さらに続いていくと、下剤や浣腸のお世話にならなくてはならず、ついには自分では解消することができなくなり、悪ければ病院に入院して治療しなければならないこともあります。
そうならないためには、軽いうちに解消して、さらには便秘にならないような生活習慣を身につけることが大切です。
どんなにひどい慢性の便秘にも、最初があったはずです。
何日間排便がなかったら便秘かというと、それには個人差があり1日という人もいれば3日という人もいます。
3日に一度でもすっきりとしていれば問題はありません。
その人のいつもの間隔よりも長くなって、すっきり感がなくなったら便秘の始まりです。
回数だけではなく、量が少なかったり、水分が少ない硬い便になったり、排便が困難だったり、残便感や腹部が張った感覚があれば便秘の始まりと考えてよいでしょう。
そして、初期のうちに何が原因なのかを考えて、思い当たることがあれば改善していきます。
便秘の始まりの原因で以外と多いのは、便意があるときに排便をしないというものです。
トイレに行くのが難しい状況だったり、時間がなかったりという場合もありますが、極力便意には逆らわないことが大切です。
便意を我慢していると神経が鈍くなり、便意を感じにくくなることで慢性化してしまいます。
そして、食生活や運動不足など、他にも原因になることがあるはずなので、自分自身の生活を振り返ってみて、改めていくことで予防することができます。
しかし、あまり気にしすぎるとかえって便秘の原因のストレスにもなるので、気持に余裕をもつことも大切です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする