かぼちゃとひじきで便秘対策

かぼちゃとひじきで便秘対策

かぼちゃとひじきで便秘対策をする場合、かなり効率的に食物繊維を摂取出来るというメリットがあります。
理由はまず、かぼちゃは可食部が多いこと、ひじきは海藻の中でトップクラスの食物繊維を持つことからです。
かぼちゃは元々食物繊維を豊富に持っており、その点で言えば他の野菜も同様です。
他の野菜とかぼちゃとの違いは、一度に可食部が多く一度にたくさん食べられるため、効率的な摂取が可能という点です。
かぼちゃに含まれる食物繊維は100グラムあたり3.5グラム、しかもかぼちゃは煮物にして食べることが多いため、胸焼けの心配がありません。
次にひじきは海藻に分類され、食物繊維の量が海藻の中で断トツに高いという特徴を持っているため、便秘対策に最適の海藻として知られています。
ひじき100グラムあたり62.6グラムの食物繊維が含まれており、半分以上が食物繊維という計算になります。
日本ではひじきを食べる食習慣が伝統的にありますから、便秘対策として取り入れることに抵抗感は全くありません。
その点でもひじきは便秘対策に向いている食材と言えるでしょう。
またカルシウムの含有量も高いため、便秘で悩んでいる妊婦の方に向いています。
かぼちゃとひじきのレシピには、簡単なところでサラダ、煮物などがあり、他の食材を投入して便秘対策の効果を高められます。
まずかぼちゃをレンジで加熱し、種やわたの部分を除去してから一口の大きさに切り分けます。
鍋にかぼちゃを並べてから隙間を埋めるようにしてひじきを入れて、出し汁や醤油、みりんを入れましょう。
中火で沸騰させてから弱火に落とし、落し蓋をして効率よく熱が通るようにしてから、10分ほど煮込んで完成となります。
サラダにする場合は、同じようにかぼちゃを柔らかくして、ひじきを水でもどし、その他の材料と一緒にサラダにします。
ドレッシングには便秘に役立つようなきゅうり、セロリ、レーズン、ニンジンなどの食材がお勧めとなっています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする