さつまいもとりんごのレシピで便秘対策

さつまいもとりんごのレシピで便秘対策

さつまいもとりんごのレシピで便秘対策をする場合のメリットは、食べ過ぎても太る心配がなく、赤ちゃんの離乳食にも使えるほど安心できるレシピとなります。
甘味が大変自然で、赤ちゃんの味覚を刺激しすぎないため、大人が食べても安心できるほどです。
むしろ親子で一緒のレシピを作り、一緒に便秘対策することも可能となるでしょう。
ポイントは出来るだけ食べやすいように柔らかく調理すること、離乳食なら出来るだけ柔らかくしなくてはならず、そこは一手間かける必要があります。
さつまいもはスイーツにすることも出来ますし、おかずにすることも出来る万能の食材なので、当然リンゴとの相性もばっちりです。
ただリンゴをおかずにするのは難しいため、さつまいもとリンゴの組み合わせの場合は必然的にスイーツ系、もしくは離乳食のようなレシピになります。
さつまいもとりんごのレシピで最も簡単なものだと、さつまいもとりんごのコンポートが代表的となっています。
材料はさつまいも、りんご、スライスチーズ、果糖というシンプルさで、作り方はまずさつまいもを食べやすい角切りにします。
電子レンジで加熱して柔らかくして、その間にリンゴも同じように角切りにします。
耐熱皿を用意したら、過熱し終わったさつまいもとリンゴを乗せて、好みの分量の果糖とスライスチーズをかけます。
あとはオーブントースター、もしくは電子レンジのトースターモードで焼いて完成となります。
小さなお子さん向けのレシピなら、さつまいもとリンゴを煮た更にシンプルな離乳食がお勧めで、赤ちゃんの便秘対策に役立ちます。
離乳食なのでさつまいもの皮を剥いて、食べやすい大きさに切り、ミキサーを使って潰してしましましょう。
サイコロ状に切っても構いません。
次にリンゴの皮を剥いてから種と芯の部分を取ったら、すりおろし機で摩り下ろしましょう。
さつまいもと合わせて水を入れた鍋で煮込み、柔らかくなるまでコトコト煮込んで完成です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする