さつまいもとバターのレシピで便秘対策

さつまいもとバターのレシピで便秘対策

さつまいもとバターのレシピで便秘対策になるのは、単純に料理としてさつまいもとバターの相性が良いこと、便秘対策のレシピとして優れていることが挙げられます。
使うバターは乳酸バターがお勧めで、これはクリームを乳酸菌を用いて発行させたバターなのですが、通常のバターと同じような効果が期待できます。
当然乳酸菌を含んでいることから、便秘対策、腸内環境の改善に効果が期待できるでしょう。
もちろん発酵バター以外の普通のバターも、体内に油分を取り入れることで便を柔らかくしたり、排出を楽にしてくれる効果が期待できます。
特に妊婦さんの便秘、赤ちゃんの便秘にはバターが大変効果的で、身体に余計な害を与えることなく便秘対策が可能となります。
さつまいもとバターを組み合わせれば、更に効果的な便秘対策となることでしょう。
最もシンプルなものだとさつまいもを蒸かして、もしくは蒸かしながらバターを乗っけるというレシピがあります。
一番手間がかからず、時間も掛からず、シンプルで美味しいさつまいもの食べ方として人気がありますし、便秘対策としてもシンプルで分かりやすいものです。
もう少し手の込んだものだと、さつまいもの黒ゴマバター砂糖醤油というレシピがお勧めです。
まずさつまいもを洗って皮ごとスライスし、レンジで加熱して柔らかくします。
次にフライパンを温めてバターを入れて、中火でさつまいもとバターを絡めていき、矢黄色がついた頃に弱火に緩めましょう。
温度が下がったら砂糖、醤油を入れて絡めていき、砂糖が溶けてきたら黒ゴマを混ぜて完成となります。
このレシピならさつまいもとバターのほかに、黒ゴマの効果を取り入れることができるため、便秘対策には大変お勧めとなっています。
その他にはさつまいものメープルバター焼き、さつまいものはちみつバター風味などのアレンジレシピが有名です。
更にさつまいもと豚肉のバター醤油焼き、離乳食のサツマイモとバターの粥などがあります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする