腸のぜん動運動を活発にするために

腸のぜん動運動を活発にするために

腸のぜん動運動を活発にするために必要な方法は大きく3つあります。
1つめは、水分を充分に摂ることで、食事の時の味噌汁やスープから摂取するだけでは充分ではありません。
食事をする時以外のタイミングで積極的に水分を摂取することが大切で、喉が渇いたと感じた時では遅いとされています。
喉が渇いたと感じた時というのは、既に身体が水分不足に陥っていて、ぜん動運動に支障をきたす直前であるからです。
人によっては自分が喉が渇いていると気がつかない人もいるため、1日コップ6杯を目安にして喉が渇いていなくても飲むようにしましょう。
お勧めは朝起きてすぐの水分補給で、ぜん動運動を朝から活発にするには最適です。
2つめは適度な運動で、息切れしないくらいの軽めの運動を日常生活に取り入れるよう生活習慣を改善します。
便秘になりやすいほどぜん動運動が落ち込んでいる人は、明らかに運動不足ということが多く、軽く運動するだけで充分改善可能です。
近所を散歩する程度で良いですから、全く運動をしない生活から脱却し、少しでも良いので運動しましょう。
3つめは食物繊維を積極的に充分摂取することで、この方法が一番分かりやすいかもしれません。
野菜、果物、海藻など、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維をバランスよく摂取します。
注意点として不溶性食物繊維は便を硬くしてしまうことがあり、ぜん動運動の妨げになります。
摂取する時は十分な水分補給を行わなければならず、その意味でも1つめの水分補給は重要な注意点となります。
また食事療法の場合、朝食に重点を置いて水分を補給し、食物繊維を摂取する方が効果的となります。
こうした対策を取ってもぜん動運動が活発にならず、便秘が改善しない場合は、何らかの病気が原因の危険性があります。
明らかに改善しないようであれば、早めに病院を受診した方が良いでしょう。
病気が原因だったら治療のための薬やぜん動運動を活発化させる薬を処方してもらえます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする