ドライフルーツとヨーグルトでの便秘対策

ドライフルーツとヨーグルトでの便秘対策

ドライフルーツとヨーグルトでの便秘対策のメリットは、少量で食物繊維を大量に摂取出来ること、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれている点にあります。
ドライフルーツとは、フルーツを乾燥させた食品のことで、携帯性に優れ、お菓子の原料としてもよく使われている食品です。
普通に生のフルーツから食物繊維を摂取しようと思えば、かなりの量のフルーツを食べなければならないのが生のフルーツのデメリットなのです。
しかし生のフルーツの数倍から数十倍まで食物繊維の量を凝縮できるため、フルーツで食物繊維を摂取する時のデメリットを補えることになります。
具体例を挙げると、イチジクなら生の状態の6倍、柿なら生の状態の9倍、レーズンなら生の状態の8倍、バナナなら生の状態6倍となります。
同時に乾燥させることにより、生のフルーツよりはるかに保存が利くようになります。
季節感を気にすることなく、好きなときに好きなだけフルーツを食べることが出来るため、ドライフルーツは現在では手放せない重要な食品なのです。
同時にドライフルーツは水溶性と不溶性、両方の食物繊維を併せ持っているため、いろんなタイプの便秘に対応できるのです。
そこにヨーグルトを組み合わせれば、ほぼすべてのタイプの便秘に対応できるようになるでしょう。
ヨーグルトと組み合わせると、お腹の中でドライフルーツが水分を吸収し、元のフルーツの状態に近くなって、便のカサが増えて腸を刺激し、便秘を改善してくれます。
もちろんドライフルーツはメリットばかりではなく、デメリットも少なからず存在しています。
乾燥させて凝縮したことにより、生のフルーツよりもカロリーが高くなってしまっているため、大量に摂取するのは危険です。
ドライフルーツ自体に甘味があるため、出来るだけ砂糖を入れないこと、出来ればノンカロリーシュガーを利用しましょう。
糖分もかなり含まれていますから、糖尿病の方は医師と相談して食べ方、食べる量に気をつけなければなりません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする