ヨーグルトは食べ続けることも大切

ヨーグルトは食べ続けることも大切

ヨーグルトは食べ続けることも大切で、これは腸内のビフィズス菌などの乳酸菌は放っておくとどんどん減少していく一方だからです。
腸内環境を良好に保つ菌を善玉菌と呼んでおり、ビフィズス菌はその善玉菌の代表例で、生まれたばかりの赤ん坊には大量に棲んでいます。
しかし離乳期を境に徐々にその数を減らしていき、日和見菌の数の方が増えていって、最終的に腸内に棲む菌の大半は日和見菌となり、残りが善玉菌と悪玉菌になります。
善玉菌が多いときは腸内環境が良くなっていき、悪玉菌が多いときは腸内環境が良くなっていくという特徴があります。
そこで外部から善玉菌を持ってきたり、善玉菌の栄養になるようなものを摂取する必要が出てくるのです。
ヨーグルトはビフィズス菌を大量に含んでいるため、食べることで善玉菌の数を増やすことが出来ます。
オリゴ糖は善玉菌の栄養になるため、ヨーグルトと一緒に食べれば善玉菌の数を増やすことにつながります。
しかし時々食べる程度の頻度では減り続けるビフィズス菌に追いつけません。
理由はビフィズス菌を含めた乳酸菌は大変寿命が短く、時々食べるくらいではすぐに数を減らしてしまうからなのです。
理想としては毎日ヨーグルトを食べ続けて、ビフィズス菌の数を一定数以上に保っておくことで便秘対策としたいところです。
さすがに三食ヨーグルトは厳しいかもしれないので、せめて朝食にヨーグルトをつけるくらいは習慣付けましょう。
ヨーグルトに含まれる乳糖も乳酸菌の栄養源となるため、食べ続けることで乳酸菌の数を増やし続けることができます。
ヨーグルトに飽きてしまうようなら、飲むヨーグルトやヨーグルトアイス、フルーツヨーグルトなど、変化のある食べ方を試してみましょう。
最近はビフィズス菌の数を増やしたタイプのヨーグルトも開発されているため、いろいろ試してみて、有効なヨーグルトを探してみるのも良いかもしれません。
何にしろ、途中で飽きるのは絶対に止めて、出来るだけ食べ続けるのが大切なことに変わりありません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする