「日和見菌」と便秘の関係

「日和見菌」と便秘の関係

「日和見菌」と便秘の関係は大変密接で、日和見菌の活動の仕方によって便秘が改善されたり、悪化したりすることが分かっています。
日和見菌は名前のとおり日和見な活動をする菌のことで、腸内に棲む最近のうち善玉菌でも悪玉菌でもない菌のことを意味しています。
腸内細菌の中で多数派であり、腸内フローラを形成することに寄与しているのが日和見菌です。
哺乳類の腸内で繁殖する細菌で、離乳期以降に圧倒的に増えていき、善玉菌よりも多くなっていきます。
実は腸内に棲む細菌のうち、大半はこの日和見菌に分類されていて、善玉菌と悪玉菌の方が少数派であるのは意外と知られていません。
そのため日和見菌の活動の仕方が腸内環境に大きく影響を与えかねず、便秘との関係も大変深いものとなっているのです。
日和見菌の最大の特徴は、悪玉菌が増えて優勢な時は悪玉菌の味方をし、善玉菌が増えて優勢な時は善玉菌の味方をするという日和見な活動にあります。
一見すると卑怯者の菌のように思われますが、菌の大半はこうした日和見菌のような活動をしており、細菌の世界では普通のことです。
まさしく名前のとおりの菌であり、状況を悪化させることも改善させることもすべて日和見菌ということになります。
よって上手く善玉菌を増やし、腸内で優勢な状態を保つためには日和見菌のことも考えないといけません。
一旦善玉菌の味方になってくれれば、悪玉菌の増殖を抑えてくれたり、腸内環境を整えてくれたりと、素晴らしい活動をしてくれるのが日和見菌です。
よって外部から善玉菌を摂取して、善玉菌の栄養となるオリゴ糖を摂取することで、間接的に日和見菌を味方につけることができます。
出来るだけ善玉菌が有利になるように腸内環境を整える生活習慣、食生活を身につけて、日和見菌を味方につけるように努力しましょう。
決して悪玉菌の味方にならないように気をつけなければなりません。
また腸内環境が崩れると、日和見菌感染症という病気にかかる危険性もあります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする