手作りジュースにオリーブオイルを加えて

手作りジュースにオリーブオイルを加えて

手作りジュースにオリーブオイルを加えて便秘対策にするメリットは、自分の好みの味に仕上げて、自分の便秘のタイプに合わせてジュースを仕上げられるという点です。
まずオリーブオイルは大抵の便秘に効果があり、単品で飲んでも充分便秘対策になるのですが、単品のまま飲むことに抵抗感がある人もいます。
そこで何かに混ぜたり、かけたり、加工することでオリーブオイルを食生活に取り込み、便秘対策を効率的に行う必要があります。
食べる料理でも構わないのですが、手作りジュースのような飲むタイプのものの方が手軽に摂取しやすく、何より続けやすいというメリットがあります。
お勧めの組み合わせはバナナとヨーグルト、野菜とりんご、ニンジンとマンゴーなどの組み合わせにオリーブオイルを加えることです。
バナナとヨーグルトの場合は、プレーンヨーグルトや豆乳、はちみつなども加えてみると、甘くて美味しい手作りジュースになります。
野菜とリンゴの場合は、ニンジン、セロリなどがお勧めですが、人によっては苦手に感じる人もいるかもしれません。
レモン汁を加えたり、リンゴの比率を上げてみたりして味を調整してみましょう。
ニンジンとマンゴーの場合は、ヨーグルトとオリゴ糖を加えるのがお勧めなので、乳酸菌とオリゴ糖、そしてオリーブオイルという最強の組み合わせになります。
どのタイプの手作りジュースもそれぞれ強力に働きますので、いろいろ試してみて自分に合ったものを探してみましょう。
もしくは毎日作る種類を変えるのもよく、味に飽きずに便秘対策が出来るというメリットがあります。
自分に合った種類を見つけるついでに味に変化をつけられため、一石二鳥の便秘対策となってくれることでしょう。
こうした手作りジュースとオリーブオイルの組み合わせは、生半可な市販薬よりはるかに強力に作用します。
頑固な便秘に悩んでいる人は、市販薬に頼るよりも手作りジュースとオリーブオイルに挑戦してみましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする