海藻と野菜のサラダにオリーブオイルドレッシングをかけて便秘対策

海藻と野菜のサラダにオリーブオイルドレッシングをかけて便秘対策

海藻と野菜のサラダにオリーブオイルドレッシングをかけて便秘対策すると、どんなタイプの便秘にも対応できるというメリットがあります。
これは海藻の特徴で、水溶性食物繊維を豊富に含んでいること、マグネシウムを含んでいることにより、大抵の便秘に対応できるからです。
便秘には症状や原因によって何種類かあり、その中で痙攣性便秘だった場合は食物繊維が必ずしも良い方向への変化を促すとは限りません。
痙攣性便秘とはストレスなどがきっかけで腸の機能が低下し、腸が痙攣を起こして正常な機能を維持できなくなった結果、便秘になるというものです。
便意は感じても便が出なかったり、硬くころころした便が出るという特徴を持ちます。
この痙攣性便秘だった時に不溶性食物繊維を摂取すると、症状がかえって悪化してしまうことがあります。
不溶性食物繊維は名前のとおり水に溶けにくい性質を持ち、水分を持ったまま便のかさを増やして排便を促し、便秘対策としています。
直腸性便秘や弛緩性便秘なら不溶性食物繊維の摂取で問題ありませんが、痙攣性便秘だと下手な刺激がマイナス方向への変化をもたらします。
よって腸に刺激を与えず、なおかつ便を柔らかくする働きを持った海藻が理想的とされています。
海藻に含まれているマグネシウムは、便を柔らかく変化させる性質を持っているため、腸に刺激を与えることなく便通を改善させてくれます。
もちろん直腸性便秘や弛緩性便秘であっても、同じように改善を促してくれることでしょう。
そこに海藻以外の野菜を合わせてサラダとし、便を柔らかくして腸のすべりを良くするオリーブオイルをドレッシングにすればほぼ完璧な便秘対策となります。
ここで使われる海藻は寒天、昆布、ひじき、わかめ、もずくなどがあります。
水溶性食物繊維でそろえるなら、こんにゃくを加えると良いでしょう。
自分の便秘のタイプがよく分からないときにお勧めのメニューで、下手に薬を使いたくない場合に向いています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする