便秘と膨満感の関係

便秘と膨満感の関係

便秘と膨満感の関係は、原因と自覚症状という関係になります。
女性の場合は特にこの関係が当て嵌まり、腹部膨満感という症状が現れるならほとんどの場合が便秘が原因だと言われているほどです。
まず便秘になると腸内の最近のバランスが崩れ、善玉菌が減り、悪玉菌が増える状態へと変化します。
悪玉菌とはいくつかの種類があるものの、大腸菌が代表例とされています。
悪玉菌が活性化することにより、窒素化合物、硫黄系化合物、芳香族系の発癌性化合物など有毒ガスの成分が発生しやすくなるのです。
こうした毒素を持つ成分が発生することで、さまざまな症状を発症します。
そのうちのひとつが腹部膨満感で、ガスが内側から腹部を押し、腹部が膨張してしまうという症状なのです。
何故ガスが発生するかといえば、上記のような毒素成分が腸内にたまり、そこに呼吸や食事、炭酸飲料などの要素で空気が入り込んで、ガスが発生するのです。
便秘ではない人でも、こうした理由で一時的に腹部膨満感を起こすことがありますが、ほとんどは自然に治まってしまい、気がつかないものです。
通常は放置しておいてもゲップやおなら、もしくは血液中に吸収されて自然に排出されていきます。
しかし便秘の場合は原因が常に体内に留まり続けていることから、腹部膨満感が常に起こり続けており、解消されずに自覚症状となるのです。
解消するためには原因である便秘を改善すること、ガスが排出されやすいようにおならやゲップを我慢しないなどの対策が必要となります。
注意点として、ごく稀に便秘以外が原因で膨満感を起こすことがあるという点です。
腸閉塞による腹水、子宮や卵巣関連の病気によって膨満感が起こることもあるため、便秘に心当たりがなければ病院を受診しましょう。
もしくは胃の機能低下によって、胃の中で食べ物が留まり続けるというケースもありますから、便秘以外の原因がないわけではありません。
便秘にしても症状が酷いようであれば、病院を受診した方が良いでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする