キャベツで便秘対策

キャベツで便秘対策

キャベツで便秘対策が出来るのは、食物繊維を豊富に含んでいること、そしてビタミンUを含んでいることが理由です。
キャベツに食物繊維が豊富に含まれていることは良く知られており、便秘になったら取り敢えずキャベツを食べるのは理に適っています。
ただキャベツに含まれるビタミンUについては、あまり知られていないこともあり、その効果についても食物繊維ほど知られていません。
キャベツに含まれるビタミンUは「キャベジン」とも呼ばれており、栄養成分として発見されたのは戦後になってからのことで、歴史の新しいビタミン様物質です。
名前に「ビタミン」とつきますが、ビタミンの一種ではなく、ビタミンとよく似た働きをする物質、ビタミン様物質とされています。
何故ビタミンではなくビタミン様物質なのかと言えば、体内でかなりの量を合成できるため、ビタミンの定義に当て嵌まらないからです。
「U」は、「ulcus(潰瘍)」の略称で、胃潰瘍を防ぐのに効果的なことからこのがつけられています。
ビタミンU(キャベジン)には、胃の粘膜を保護、活性化するという効果があり、この効果を利用して作られたのがキャベジンという胃薬です。
簡単に言えば荒れた胃を修復したり、胃が荒れることを防ぐ効果があるため、消化不良で便秘になることを防ぐ効果が期待出来ます。
食物繊維を含むことで便秘対策になる上に、消化器官である胃を健康に保つビタミンU(キャベジン)によって胃腸系全体を健康的に保つことが可能です。
便秘対策や健康への影響を考えると、食物繊維だけでなくビタミンUも一緒に摂りたいところです。
注意点としてビタミンUは熱に弱いため、ビタミンUの効果を期待する場合は加熱調理はしない方が良いでしょう。
ビタミンUの効果を期待せず、食物繊維の効果だけを期待するのであれば、温野菜やスープに調理しても大丈夫です。
食物繊維は熱に強いため、加熱しても便秘対策の効果に変化がないためです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする