白菜で便秘対策

白菜で便秘対策

白菜で便秘対策が可能なのは、白菜には食物繊維、ビタミンCなどが豊富に含まれているためです。
実は白菜の95パーセントは水分で構成されており、残りが栄養素という構成になっています。
この残りの部分の栄養が豊かであるために、健康面での効果が期待されています。
更に栄養素の構成バランスが大変整っており、健康的にも美容的にも優れたバランスを保っているのです。
主な効果は胃腸を整えること、消化を促すこと、便秘を改善すること、二日酔い対策、風邪の予防、肌荒れの改善などです。
小食すぎて逆に便秘になってしまっている人に向いている食材です。
豊富な食物繊維は、便秘を改善すると同時に大腸がんの予防にもつながり、大変健康の効果が高いことが分かります。
ビタミンCやカリウムの効果によって、風邪の予防、風邪を引いた時の病人食にも向いています。
調理すると柔らかくなるため、風邪で胃腸が弱っている時に使えば胃腸を痛めずに回復に向かわせることが可能です。
特徴は低タンパク、低カロリーという点で、ダイエット中に便秘に悩まされている人でも安心して食べられるのが特徴となっています。
そのためダイエットの食材としても充分有効に働いてくれます。
注意点はレバーと同時に食べてしまうと、白菜のビタミンが破壊されてしまうという点です。
調理する時は弱火で調理せずに、強火で一気に加熱して調理しましょう。
弱火でゆっくり加熱すると、白菜を構成する水分が大量に出てしまい、料理が水っぽくなってしまいます。
白菜は熱に強い食材なので、遠慮せず思いっきり強火で調理します。
お鍋に入れる温野菜の代表格だけあり、加熱に強く、決して栄養素が壊れたりしません。
白菜の芯の部分にはミネラルが豊富に含まれているため、刻んで料理に入れてしまえば不足しがちなミネラルを補うことができます。
冬場の鍋料理には、是非白菜を外側から芯まですべて使って、便秘対策と健康対策に役立ててみましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする